ホームページご覧頂きありがとうございます。
 
本日は照明器具の増設を行いました。 最近では、蛍光灯ランプの代わりにLED電球LEDチューブ管が多くありますが、予算に応じて器具の選択をし増設工事致します。
照明器具の増設工事は、どうしても電線を新たに器具まで配線しなければなりませんので、電線路を確定する必要があります。(天井裏に配線するのか、露出配線なのか)
戸建て住宅りの場合は、配線を隠ぺいするのはほとんどの場合難しいです。 (天井ボードに穴を開けたりする工事が必要です)
超能力で配線隠ぺいが出来れば良いのですが、案外物理的な問題で単純に手が届くか、線が通るかが増設のポイントです。
 
照明器具の増設 照明器具の増設
 
今回の工事では、近くの蛍光灯器具の配線から分岐をして、配線露出でご希望の場所に設置致しました。
事務所や事業所など、1つのスイッチONで複数台照明が付く場合は、スイッチの容量も視野に入れて器具の増設を行いますので、容量オーバーする場合は、新しく電源回路の確保やスイッチの新設工事も必要になってくるので、予め事前調査が必要です。
簡単そうに見える電気でも、色々注意点が多いので、できるだけわかりやすくご説明をさせていただきます。